•  
     

損失億万長者では、辞任する日本の多国籍

で、 6番目、当社は20000ジョブを切断した。
日立は、 7000の従業員辞任する。


0,,17260073-EX,00.jpg
0,,17260073-EX,00



金融危機は完全に日本の企業に達しています。後は、 NECと日立製作所の損失は億万長者の仕事の内容だけは明らかに今週の金曜日( 30 ) 、 27000カット、発表された。

日本電気株式会社では、パソコンの20万人以上の雇用を排除され、最大の日本のメーカー。 150000以上の従業員は2008年12月の終わりにしていた企業は、削減には期限を報告した。


今週の金曜日は、同社は来年3月に31日、 3年後には彼の最初の損失は、貸借対照表の終了通知を記録する必要があります。同社によると、今年の予想を290億円(米国32億ドル)の損失で、 22億円の利益は前年同期に近いとされています。

9450当社は、子会社Tokina中で、前火曜日に発表された20000ジョブを削除、 。

場合は、過酷な外部環境も悪くなると、次年度は、 NEC前に課題をもたらすだろう"と投資家への通知では、会社とアドバイスした。


日本でも、電子機器メーカーの日立は、ほぼ80億ドルは、 2009年3月31日に終了する会計年度2008年の利益の損失予想は、前年に比べて明らかにした。また、経済危機のため、同社は従業員数7000辞任すると発表した。


これに先立ち、 10月からは、メーカーのホンダは、 2008年12月の間に226100000ドル、数は、 89.9 %は、昨年同時期に比べ、当期純利益を記録したと発表した。損失のため、英国のユニットを4ヶ月に麻痺され、スタッフ集団を残すだろう。



その他の削減

2週間前に、ホンダは、第2位の日本の自動車メーカーは、経済危機の結果として生産を一時的に日本で3100人の従業員の辞任と、さらに削減すると発表した。



日産では、削減のため、過去15日間で500一時的なジョブに影響を与えると発表した。東芝では、仕事をせずに4500年3月の終わりまでにされています。